サービス

資産棚卸棚卸サービス

煩雑な固定資産の棚卸を外注化

固定資産の実地棚卸は、物品によっては非常に困難で人手もかかるなど、施設管理部門や総務・経理部門には頭が痛い課題の1つです。固定資産棚卸も、豊富なノウハウをもつエイジスにおまかせください。

サービス内容

専用端末による棚卸

バーコード付きの資産ラベルを作成し、対象固定資産を明らかにします。さらに棚卸専門端末機器を使用し、スキャンすることで棚卸ミスを防ぎます。

高い精度で全国対応

決められた基準の作業を高い徹底力で実行します。全国の拠点をフルに活用し、全国どこでも高い精度で棚卸を実行します。

棚卸によりお届けできる情報は、資産名称、存在場所、管理部門、 使用者、利用状況など多岐にわたります。

導入のメリット

固定資産の正確な把握

経験豊富なスタッフの精度の高い棚卸作業により、対象固定資産の正確な把握が可能になります。

不要な物品購入の抑制

固定資産の正確な管理により、無駄な物品購入を行うことがなくなります。

自社での固定資産管理の課題

内部統制(J - SOX)の観点や、内部・外部監査の指摘から、固定資産管理の強化(コンプライアンス)を検討される企業が増えています。世の中には様々なパッケージソフトがあり、多くの企業が導入していますが、それでも固定資産管理に困っている企業が多いのはなぜでしょうか? 多くの場合、問題になっているのはシステム力ではなく「実行力」なのです。本社での固定資産管理意識が高くとも、実際の現場での実行力が伴わないとその管理精度は低下してしまいます。

【内部統制・監査への対応事項】

  • 内部統制強化
  • リース会計基準の変更
  • リースオンバランスの会計基準の適用
  • リース資産の減損対応
  • 第三者実施による客観性

固定資産棚卸を実施しないデメリット

固定資産の棚卸をおろそかにすると、さまざまな悪影響が生まれます。
 ●固定資産の利用状況が判らない為、無駄な投資を招いてしまう。
 ●内部統制が構築されていないと判断されてしまう。
 ●情報漏洩の危険が常に付きまとい、企業イメージが低下。
このような事態に陥る前に、資産棚卸はぜひエイジスにご相談ください。

サービスに関するお問合せはこちら

各種サービスに関するお問い合せ等、下記のいずれかよりお気軽にお問合せください。

  • 043-350-0221
  • フォームからお問い合わせ
ページトップへ

お客様の声

  • GMS(総合スーパー) 株式会社 イトーヨーカ堂
  • スーパーマーケット 株式会社 ライフコーポレーション
  • コンビニエンスストア 株式会社 デイリーヤマザキ
  • ホームセンター 株式会社 LIXIL ビバ
  • アパレル 株式会社 ポイント